インカの健康食品

インカ帝国時代からマカは飲まれていたのは事実なの?

ペルーからマカを植物の状態で持ち出すことは出来ませんので、私たちが目にするマカは粉、もしくはサプリメントとなった粒タイプのものでしょう。
植物自体は見る事ができないので、インターネットなどを通じて、こういう形なんだ・・・と知る事ができます。
ペルーでもマカという植物は非常に大切なもので、古く先人たちから受け継がれた毎日を健康に生き延びていくための植物です。

そのため珍重されてきたということにプラスし、現代もペルーでは法律によって国外に植物として持ち出すことは硬く禁じています。
もちろんペルーにとっては、加工して諸外国へ販売することでえる資金は大きなもので、現在では大きな資金源となっている植物です。
その歴史を紐解くと、なんと古代インカ帝国にまでさかのぼります。

マカの期限自体はよくわかっていませんが、セロ・デ・バスコ地域の中央高地、フニン高地といわれる地域で2000年もまけあら「耕作」されていたといわれています。
耕作されたマカは一般市民に提供されることはなく、当時行われていた戦に向かう戦士にマカを食べさせていたとされています。
マカは滋養強壮力に優れた効果がありますし、代謝を活発に、また免疫も向上させるサポート成分がありますので、長い戦でも疲れ知らずで戦いに望んで欲しいと、戦士たちにマカが振舞われていたようです。

それでなくても地域は過酷な自然環境を残す地域。
マカによってみなぎる生命力いっぱいになった戦士たちは堂々と力いっぱい戦に挑んでいったことでしょう。
その後インカ帝国を制服したがっていたスペイン人が、インカ帝国の力の強さを知り、アンデスの力はマカにあるとばかりにマカをほかのところにも輸出したとされています。

http://xn--u9jtg1f041johd412e.net/itukaraaruno.htmlにも書いてあるように、つまりインカ帝国とマカというのは、非常に強いつながりを持っているということになりますね。
歴史深きインカ帝国から脈々と築き上げられ、経験、知識として受けつがれてきたマカ。
私たちもその恩恵を少しだけ、わけてもらいましょう。
こちらのサイトhttp://xn--u9jtg1fm74k9l0c.com/にも詳しくマカについて掲載されています。

このページの先頭へ