メインイメージ
Maca Supplement Web

国産のマカ

最近は晩婚化による少子高齢化が進んでいて社会問題になっています。

結婚が遅いと、いざ子供が欲しいと思ったときになかなかできないという問題がおきます。
そのようなときに強い味方になるのがマカなのです。
もともとマカはペルーの高地に自生をしているものです。
ペルーで栽培されたものと、国産のものとの比較をしてみると、成分としてはアミノ酸の含有量が大きく違います。

国産ものの方がたくさんのアミノ酸を含んでいるのです。
これは妊活をするうえでとても大事なことです。
アミノ酸は、筋肉を作って代謝をよくする・血流を良くする・疲労回復をさせて、スタミナを維持する・神経の興奮を抑えてリラックスさせる・免疫力を強化して病気にかかりにくくするなどの効果があります。
成分を比較してみると、ペルー産に比べて国産のものは、1.5倍から3.7倍も多くアミノ酸が含まれているそうです。

特にアルギニンは3.7倍と多く含まれ、血管を拡張し全身の血流を良くする効果があります。
血流が良くなれば、卵巣や子宮に栄養がいきわたって状態が良くなります。
特に卵巣周辺の血流悪化は、卵子の老化に結びつきます。
他にもアスパラギン酸・グルタミン酸も多く含まれていて、これらは肝機能をよくして、体の疲れだけでなく脳や精神的な疲れもとってくれるのです。

体が疲れた時に、体の中ではアンモニアが発生しています。
このアンモニアは肝臓で分解されるのです。

トップに戻る